マンション大規模修繕工事に最適な移動昇降式足場(ワークプラットホーム)『リフトクライマー』

POINT3 移動昇降式足場のメリット その3
工期短縮・資材量削減で「コストダウン」

「作業効率の向上=工期短縮」によるコストダウン

常に最適な高さで作業。現場での作業効率が向上

ジョイスティックによる上下移動で、デッキ部分の高さレベルを最適な高さに調節することが可能です。足元の水平レベルも自動/手動で細やかに設定できます。

壁つなぎ材の数が、従来工法に比べて削減

従来工法に比べて壁つなぎ材の数が少なく、組立・解体にかかる時間を3分の1に短縮。工期の短縮に貢献します。

運搬コスト、積み降ろし時間を大幅に削減

構成部材が少なく、荷降ろし・積み込みにかかる時間を大幅に削減。積み降ろし用の資材ヤードも不要。

従来工法に比べ、クレーン作業を削減

高い積載荷重に耐え得るリフトクライマーだから、資材の搬送にも活躍。クレーン作業の削減に貢献します。

従来工法との比較

従来工法

従来工法では、搬入する資材量が多く、足場の組立・養生の設置に数日を要する場合もあります。また、工事終了後の足場解体、搬出車両への積み込みにも多くの時間と人員を割かねばならず、工期の長期化、トータルコストの増大を招いています。

リフトクライマー工法

移動昇降式足場「リフトクライマー」シリーズなら、さまざまなプロジェクトでの工期短縮、トータルコストの削減に大きく貢献します。
構成部材をユニット化・削減することで、運搬コスト、積み降ろし作業を大幅に短縮。養生設置もデッキ部分のみで、壁つなぎ材の間隔も広くとれるため、従来工法に比べて組立・解体にかかる工程は3分の1ほどに圧縮されます。

このページの先頭へ